calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

無料
無料
無料






archives

大山倍達マニアック検定

【雑誌】「月刊秘伝」2013年7月号

JUGEMテーマ:格闘技全般
 
秘伝201307.jpg

巻頭特集
北斗を知って時代に生きろ!
千葉周作が拓く武の新地平
防具導入で起きた“剣術革命”とは?
■「千葉周作と北辰一刀流について語るべきこと」渡辺誠
■「受け継がれし“技の千葉”」北辰一刀流玄武館 小西真円一之宗家
■「武蔵と千葉“剣聖の境地”」武蔵継承二天一流×北辰一刀流 特別対談
■「“在野の剣”の奥深さ」武州名門・甲源一刀流
■「“小よく大を制す”理想の武道を切り拓くために」大道塾 東孝



特別企画・連載
●呉連枝老師 八極拳講習会レポート(前編)
八極単打と肘法の要訣を学ぶ

●シリーズ”NEXT GENERATION”秘伝の継承者たち
第2回 岩間耽合氣修練会 齊藤安洸

●知りたい! あの武術家の”武術観”を決定付けた、「たった一冊の本」のこと!!
武道家が選ぶ 人生に刻まれた「この一冊」

●真北斐図 鹿・猿・虎・熊・鳥の動きを模した
中国伝統の健身法”五禽戯”

●対談 村井義治(理心塾)×小沢隆(禅道会) ”効かせる打撃”には、パワー・スピードを超えた秘密がある!
“瞬間”に勝つ、真の空手の技術とは?

●禅僧・藤田一照×ロルファー・藤本靖 「禅とボディワーク」
自然体に”気づく”には?

●新たなる絆!東日本の伝統武術集う!!
筑波山神社伝統武術奉納演武大会

●功朗法 横山雅始 シリーズ「対複数敵を制する戦術&技術の理」
第2回 三角戦法

●松原秀樹 100%動ききるための調整術
“呼吸”にまつわるエトセトラ

●ゆる体操には“裏”の存在があった!
高岡英夫の漢語由流体操法

●多田容子 “柳生新陰流が現代コミュニケーションに役立つ!?”
武術に学ぶ会話術

●護道宗家 廣木道心
“自他護身”に生きる

●長沼敬憲
腸脳力を磨く! 現代兵糧食のススメ

●天野敏
武の根源力! 禅が拓く新しい世界

●武術秘伝書夢世界
●増田俊也「続・七帝柔道記」
●黒田鉄山「直問直答!鉄山に訊け」
●日野晃「武道者徒歩記」
◎秘伝ジャーナル


fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ


(紹介文は/~\Fujisan.co.jpより)







東京・池袋の武道具専門店 ブドウショップ



フレッツ光で最大106,000円キャッシュバック実施中!





コメント
Leo様。いつも楽しく拝見しています。
そういえば、先月号の秘伝で、中村日出夫総帥の特集で幼少の武道歴が借力と十八卦を学ぶとありましたが、大山総裁の武道歴と似ています。

大山倍達正伝で借力、十八卦(十八技)は創作だと有りましたが?
対極のお二人に共通する方(武道家・師匠)がいたのでしょうか?
  • レイジェス
  • 2013/06/27 11:00 AM
わたくしは大山総裁も中村日出夫氏も悪意のない経歴詐称だと思うのですが…
  • やいや
  • 2013/06/28 12:24 AM
>レイジェスさん

あの「月刊秘伝」は読んでてちょっとお茶を吹いちゃいましたねw
お茶濁し過ぎだろ、もっと突っ込もうよ!ってw

とりあえず、借力と言う名の武術は近年まで存在しなかったと思います。
日本には力抜山氏の借力があり、韓国やアメリカにもテコンドーなのかハプキドーなのか良く分からない借力がありますが、いずれも近年の創作じゃないですかね。
何せ今の所、資料が存在しませんから、古くからあったという証明が成されていない以上は、そう判断するより他ありません。
仙道や修験道の様な形で借力というのが存在した可能性はありますが、これを武術と呼ぶのはちょっと違うかなと。
で、十八技に関して言えば、これは日本で言う武芸十八般に近く、十八技とは総称であろうと思われます。
この十八技は武器単位で一技ずつ分類されており(手縛/拳法も含まれる)、日本や中国、そして、朝鮮武術の寄せ集めです。
そして、兵士に対して教授されていた訓練ですので、まぁ、武器を含む戦闘術の事を指すと言えるでしょう。
近世以前の朝鮮半島では武術が極めてマイナーな存在で、日本や中国の様に、流祖まで辿れる、個人が興した武術は聞いた事が無いんですよね。
日本や中国では、政府の管理下にあった武術が達人や英雄の手で発展を遂げ、一派を起こし多様性が生まれるのですが…、両班思想の為かなぁ、そこを抜け出す事は出来なかった様です。
よって、十八技が日本併合下で伝承されたとは考え難いのです。 好意的に見れば、十八技の一部(例えば拳法)は可能ですが。
つまり、生まれた場所も年代も違う2人に、伝承も怪しく、資料も現存しない武術の共通する師がいるというのはちょっと考えられませんねぇ。
そんなにアチコチで習えるなら、テコンドーの代わりに表に出て来ても良さそうなものなのに。

ちなみに大山総裁と中村先生に共通するのは、大雑把に言えば以下の通りになるのでは無いかと。
・朝鮮半島生まれ(10歳ほど違うし、平壌と全羅北道はかなり離れている)
・京都、山梨に居た事がある(ただし年代は異なる)
・空手に携わる
・共に力道山を知っている(大山総裁は対談記録があるが、中村先生は特に証明出来るものがない)
・実戦派で鳴らす

>やいやさん

悪意の有無はともかく、箔付けの経歴だとは私も思いますw
  • Leo
  • 2013/06/29 8:57 PM
大山倍達、中村日出夫、宗道臣…みんな大武道家なのに突っ込みどころが満載なのは昭和の特徴でしょうか…
  • やいや
  • 2013/07/25 3:30 PM
>やいやさん

いやぁ、実力測定出来ない時代の人は結構そうですよw
ちゃんと理があり実戦性に定評のある剣術だって色々な逸話がありますしね。
  • Leo
  • 2013/07/29 12:21 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック